トップに戻る アクセス メニュー スケジュール ブログ メールフォーム facebook






2月11日(土)

浜田 真理子 ソロライブ


※このライブは、大雪のため中止となりました。
大変申し訳ございません。
次回の開催は未定です。





■OPEN 18:30  ■START 19:30  ■PRICE ¥4,000(ドリンク 別途)

■PROFILE

今年もやってまいりました!
毎年恒例、浜田真理子Birthdayライブ!

'64年 島根県出雲市生まれ、松江市在住。
学生時代よりバー、クラブ、ホテルのラウンジでピアノ弾語りの仕事をする。
'98年暮れ1stアルバム『mariko』をリリース。僅か500枚のプレスが東京の一部のマスコミに 取り上げられ完売。再プレスされるまで音楽ファンの間で伝説化する。
再プレス後、東京の大型CDショップの試聴器でロング・ヒット。廣木隆一監督、寺島しのぶ主演映画「ヴァイブレータ」 挿入歌「あなたへ」が話題となり、'04年7月MBS・TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に出演。
'08年11月世田谷パブリックシアターにて、演出家久世光彦のエッセイ「マイ・ラスト・ソング」を 題材にした音楽舞台で女優小泉今日子(朗読)と共演し好評を博し、各地で開催を続ける。
'13年3月より大友良英をはじめ、プロジェクトFukushima!の関係者を講師として 迎え、原発を考える講習会 「スクールMARIKO」を 半年にわたって松江で開催。
'15年 12年間所属したマネージメント事務所美音堂を離れ、新しいステージへ。


■浜田 真理子 ホームページ■
http://www.beyondo.net/mariko/






3月11日(土)

ギラ山ジル子 PROJECT
〜DUOミニツアー〜

ギラ・ジルカ(Vo) & 竹中俊二(G)





■OPEN 18:30  ■START 19:30  ■PRICE ¥4,000(ドリンク 別途)

■PROFILE

【ギラ・ジルカ】

兵庫県神戸市出身。父がイスラエル人。高校まで東灘区のインターナショナルスクールに通う。
その後バークリー音楽大学に留学し声楽に目覚め、最終的に歌手としての道を歩み始める。
帰国後は地元のFMラジオDJやテレビ番組アシスタント等を務める傍らCMソングの歌唱なども行い、
上京後は各種ナレーターや作詞家・ライブのバックコーラス等にも活動の幅を拡げ、ゲーム・アニメの音楽や全国区TVCMソングの歌唱も行うようになる。
2010年、第十一回神戸ジャズヴォーカル・クイーンコンテストでグランプリを獲得。

【竹中 俊二】

高知県出身のジャズ、ロック、R&B、フュージョン、ワールドミュージック、ギタリスト、スタジオミュージシャン、アレンジャー、作曲家、サウンドプロデューサー。
雑食的に音楽をむさぼりながらライブとレコーディングと作編曲を趣味とするミュージシャン。年間ライブ本数260以上、レコーディング曲数120曲以上。


■ギラ・ジルカ ホームページ■
http://geilajazz.com/

■竹中俊二 Blog■
http://ameblo.jp/hanazo555/






3月14日(火)

ビートルズの弾き語らず

告井 延隆(G)





■OPEN 18:30  ■START 19:30  ■PRICE ¥2,500(ドリンク別途)

■PROFILE

出身地は名古屋市。
ロックバンドであるセンチメンタル・シティ・ロマンスの元リーダー。
通称「つーさー」。センチメンタル・シティ・ロマンスの活動以外にも様々なアーティストへのライブサポート、レコーディング、編曲をつとめる。
現在は主にソロ活動、および加藤登紀子のサポートを行っている。
2008年にソロ活動を開始して以来、3枚の自主制作盤を次々と発表。
2013年2月2日『THE BEATLES10』を(株)ピンポイントより発売。
「ビートルズの弾き語らず」という、ギター1本でビートルズを再現するというスタイルを確立し、全国を飛び回っている。


■告井 延隆 ホームページ■
http://tsugei.web.fc2.com/






3月21日(火)

心で出逢う47都道府県の旅

吉岡 亜衣加(Vo)





■OPEN 18:00  ■START 18:30  ■PRICE ¥2,500(ドリンク別途)

■PROFILE

ゲーム「薄桜鬼」シリーズ、及びアニメ「薄桜鬼」シリーズの主題歌を数多く担当し、 各方面から熱い注目を集めている、シンガーソングライター。
その柔らかな雰囲気とはうらはらに、凛とした力強さとせつなさを 持ち合わせた歌声で聞く者を魅了する。
圧倒的に若い女性ファンに支持されている。
出身地である静岡県掛川市の「お茶大使」としても活躍中で、年間を通じて 多数のイベントにも参加。
2012年6月10日、初のホールコンサートを開催、成功させる。 2013年6月には、同ライブを、大阪、東京の2か所に拡大し開催。


■吉岡 亜衣加 ホームページ■
http://www.team-e.co.jp/sp/yoshioka_aika/






4月6日(木)

Suzumoku
“生声生音”47 都道府県ONE-MAN TOUR
〜手渡しの手紙〜

Suzumoku(G)





■OPEN 18:30  ■START 19:30  ■PRICE 前売券:¥3,000 当日券:¥3,500(ドリンク別途)

■PROFILE

2007年、アコースティックギターを片手に音楽シーンに突如現れ、アルバム「コンセント」でデビュー。 その荒々しくも正確なフィンガリング、独自性、強烈な歌声は“オルタナティブフォーク”と形容された。
当時の代表曲である「週末」は、社会に出て次第に世間に染まっていく若者の葛藤を歌い、時に優しく、 時に厳しく、常に明確なメッセージを伝えようとする現在のスタイルの萌芽が、この時すでに見て取れる。
2011年、ツアー先の仙台に向かう道中で東日本大震災が起こり、被災。 現地での避難所生活の中、互いを助け合う心に触れ、「僕らは人間だ」を作曲。 震災から二日後にYouTubeで発表し、チャリティーソングとしても大きな話題を呼んだ。
徐々にその音楽スタイルはフォークからロックへと変化してゆき、弾語りだけではなく、 バンド編成でのライブも積極的に繰り出すようになる。
2014年初頭、矛盾を抱えたまま空回りする社会に怒りをぶつけるが如く、 さらに激しいロックサウンドへと移行。
デビュー前はギター職人という経歴の持ち主。


■Suzumoku ホームページ■
http://www.worldapart.co.jp/suzumoku/






LIVEのお問い合わせ・ご予約は
0852-21-0120まで








Copyright(c)2007 Birthday all rights reserved